本当に起きたらスッキリ!朝まで快眠できる安眠枕

枕,肩こり,安眠,いびき,快眠,首の痛み,熟睡

肩こりや腰痛などは実は枕の材質、高さ、下に敷くマットの硬さでぜんぜん違ってきます。

 

もちろん普段の仕事や活動によって、疲れ方は変わってきますよね。デスクワークの人はどうしても首が前に行きがちですし、立ち仕事の人は腰に負担がかかりやすいのはいうまでもありません。

 

疲れた体を休めるには深い睡眠が大切です。普段どんな枕を使っていますか?自分に合った枕を使っていますか?はたして本当に自分に合った枕なのかな?とちょっとでも思うなら是非六角脳枕を試してみてください。

 

ではいったい枕にはどんなものがいいのかまとめて見ました。

1.枕の材質の違い

枕,肩こり,安眠,いびき,快眠,首の痛み,熟睡

枕使う人の体質が汗っかきの人、そうでない人、寝相が悪い人、横向き寝、仰向き寝、いろいろあると思います。

どの癖の人にも枕の材質が非常にかかわってきます。どんな方にも合う枕って
難しいと思いますが、その中でも通気性がよくて、寝返りがしやすく、高さ調整ができる枕が理想的な枕と言えます。

 

2.枕の高さの違いが大切

枕,肩こり,安眠,いびき,快眠,首の痛み,熟睡

枕を使わなくていいという人がいますが、本来ならば立った姿勢と同じ角度で首が5度ほど下を向いた状態がいいので、そう考えると枕は必要です。

しかし頚椎(首の骨のカーブ)と背中との隙間の高さは人それぞれなので
枕の高さが人それぞれ違うはず。高すぎる、低すぎる枕というのはは人それぞれ違う高さなんです。


つまり自分に合った高さの枕を選ぶことが大切です。

 

3.下に敷くマットレスで枕の高さが変わる!?

枕,肩こり,安眠,いびき,快眠,首の痛み,熟睡

枕はその人にあった高さが重要なんですが、実は枕の高さは下に敷くマットレスや敷き布団で変わってしまいます。

 

枕を置いたときにマットレスや布団が柔らかいものですと枕は簡単に沈みます。ほしい高さより低くなります。反対に硬ければ枕はほとんど沈みませんので高くなってしまいます。。

これでは枕の高さは敷くものの難さで簡単に変わってしまうため、本来のほしい高さを測るにはすごい難しいのです。

よく枕の高さを測ってもらって、購入する枕コーナーが百貨店や寝具店にありますが、あれは自宅のマットレスの硬さと違うので、実際には買ったときの高さ調整は無駄かもしれません。

 

では簡単に高さを調節するにはどうすればよい?



仰向き寝のときと横向き寝のときで枕の高さが違うため、寝返りがしやすく、高さがちょうどよいものが最適です。
枕全体の高さを変えるにはタオルなどを敷いて調節するのがベスト。

 

そこで六角脳枕がおススメなんですよ!!

 

こちらもおすすめ